平成29年度 事例 このような研修会が行われています 

『防火・防災の先生役は町会のおじさん』 ~放課後教室で防災教育~

根室市宝林町会

 

 

 根室市宝林町会(316世帯)では、子どもたちが地域住民と交流を深めながら防災意識を高めるために、ゲームで楽しく防災を学ぶ放課後教室を開催しました。
 ゲームは、赤・青・黄色の3チーム対抗で実施。はじめに、「あわてず さわがず 避難準備」と題して、子どもが指定された非常持出品を探し出してリュックにつめ、リレーでつなぐ競争を行い、災害時の持出品を確認しました。
 その後、カルタで学ぼう“火の用心”では、「出かける時は ストーブ消して ガス止めて」、「るすばんの 子どもの火あそび 注意せよ」などが書かれた44枚の防火カルタを子どもたちが取り合いながら、火災の危険性を学びました。
 最後に防火メッセージ入りのおやつをもらい、「楽しみながら防災のことを覚えられた」と子どもたちは大喜び。放課後教室は、住民との交流を深めながら防災を学べる良い機会となりました。

 

 

▲非常持出品を早く見つけて!

 

▲カルタを取って防火を学ぶ

 

close